• FXの取引をするにおいて勝つこともあれば負けることもありますが、勝っているときは精神的にも充実しますが、負けているときはどうしても精神的な乱れが生じてしまいます。

    そこでFXの取引をしていて負けが続くような場合は一回相場から離れることが大切であると言えます。FXの取引は相場を冷静に見ることができなければ精度の高い取引をすることができないので、勝てる可能性がかなり低くなってしまいます。

    そのためFXの取引で負けが続いている場合は一度相場から離れて、自分の精神状態を回復させましょう。ws

FXの世界: スワップポイント デイトレード


sdf99 FXとは外国為替証拠金取引のことで、2国間の通貨の組み合わせである通貨ペアを取引します。為替相場はリアルタイムで変動しており、その為替差益を得るために取引されることが多いです。FXにはそのほかにもスワップポイントを得るために取引されることがあります。

スワップポイントとは2国間の金利差のことで、金利の高い国の通貨と金利の低い国の通貨の組み合わせである通貨ペアを保有することで受け取れます。

日本円では超低金利時代が長期間続いており、オーストラリアやニュージーランドなど金利の高い国との通貨ペアでスワップポイントを受け取りやすい環境です。

デイトレードのように持ち越ししない場合はスワップポイントを受け取ることは出来ないです。翌日まで持ち越し(ロールオーバー)することでスワップポイントが発生します。外貨預金では満期まで預け入れていないと、高金利分を受け取ることが出来ないですが、スワップポイントは毎日保有している期間中で受け取ることが出来ます。

参照引用: Binary-Option.jp

外貨預金はペイオフの対象外、円預金でも1000万円までがペイオフの対象ですが、国内FX業者は信託保全が義務化されており、預け入れた証拠金はもちろん、実現損益やポジションの評価損益、スワップポイントまで信託保全の対象になっているところが多いです。

FXでは世界中の通貨ペアを対象にしているので時差がある関係上、ほぼ24時間取引が行えます。昼間はお仕事で取引する機会が無いサラリーマンの方でも帰宅して晩御飯を食べ、お風呂に入ってから夜に取引することだって可能です。

FXでは1000通貨単位で少額から投資することが出来るので、手持ち資金が少ない方でも大丈夫です。手持ち資金が少なくてもレバレッジを効かすことが出来るので、取引に成功さえすれば大きな収益だって狙うことが出来ます。

しかし高すぎるレバレッジを効かせて取引に失敗すると大きな損失になってしまいます。きちんとリスクとリターンを考えて無理のない範囲でレバレッジを効かすことが大切です。FXでは取引手数料、スプレッド、スリッページが取引コストになります。このうち取引手数料は無料のFX業者が多いので気にすることは無いです。

スプレッドは業者ごとに違いがあり、完全固定や原則固定、変動と主に3つあります。完全固定は取引コストを計算しやすいですが、変動と比べるとスプレッドが広いです。

変動は重要な指標発表時や早朝の流動性の低い時間帯にスプレッドが大きく広がることがありますが、通常時は一番狭いです。スリッページはシステムが優秀なほど発生しにくいので、取引コストを抑えたいときはスプレッドが狭い業者、システムが優秀な業者を選ぶと良いです。